ネイリストがサービスするのは、ネイルデザインだけではありません。
向かい合い、ケアをスタートした時点から、接客は始まっています。

一連のサービスの中で、絶対に欠かせない基本、ケアスキル
技術を磨けば、ケアのみで通ってくれるお客様を掴むこともできますよ。

お客様にとってのネイルケアとは

ネイルケアは、ネイルスクールで一番に習うほど、大切なスキル。
丁寧なケアを行うことで、
「自爪への負担を減らす」
「ネイルの仕上がりが美しくなる」
「爪の健康状態を整える」
「ネイルの持ちが良くなる」
といった、効果があります。

また、お客様にとって、ネイルケアはネイリストからの最初のご挨拶。
ケアの良し悪しで、ネイリストの腕を判断している方もいるそうです。

ネイル求人へ応募するなら、おろそかにせず、真摯に向き合っていきたいですね。
後から学べる技術やデザインよりも、必要なスキルだといえます。
(参考サイト:美意識は爪に出る★☆ネイルケアのススメ

ケアの時間はお客様に近づくチャンス

初めて接客する場合、ネイリストも、お客様も緊張しがち。
そんな時は、ケアを通じて会話を楽しみましょう。
「上手にセルフケアをされている」
「爪の状態がとても良い」
という場合は、褒めながらケアすることで、お客様は良い気持ちになります。

「もう少しケアした方が良い」
「爪が傷んでしまっている」
という方へは、自宅でできるケアの方法やコツをさりげなく伝えてみましょう。
ネイルのついでに、プロの技が学べたと、嬉しい気分になりますね。

この時、ケアできていないことや、爪の健康が損なわれていることを、責めてはいけません。
「忙しい中でケアするのは大変ですよね~」 といった、共感から入ることが大切ですよ。

ネイルケアが得意!それなら男性専門サロンがオススメ

ネイリスト志望の方の中には、ネイル技術はもちろんのこと、 「爪のスペシャリストだからこそできる、ネイルケアが自慢!」 という方もいるでしょう。

そんなネイリストさんには、男性専門サロン求人がオススメ。
男性ネイルは、ネイルケアのみというオーダーが少なくありません。
ケアに特化してお仕事したいなら、是非男性専門サロンの求人を探してみて下さいね。


画像出典元:http://nexus.cep-hd.jp/column/tsukiji/1808/

さいごに

できて当たり前のネイルケア。
ネイリスト面接では、チェックされないことが多いようです。
誰がやっても同じ……を思われがちですが、テクニックのあるネイリストの技は全然違うもの。
「指名されるネイリストになりたい」 それなら、ネイルケアの勉強が必須ですよ。